オリンピック・スポーツ

【画像】高倉麻子の若い頃がかわいい!現役MF時代の経歴もチェック

【画像】高倉麻子の若い頃がかわいい!現役MF時代の経歴もチェック

なでしこジャパンの女性監督、高倉麻子さん。

2021年の東京オリンピック時は53歳の高倉麻子さんですが、若い頃も、現役MF時代も、とっても可愛いと評判です。

今回はそんな高倉麻子さんの現役時代を写真を交えて紹介します。

高倉麻子の若い頃①サッカーを始めた小学校時代

高倉麻子さんが小学校時代に、サッカーを始めたころの写真がこちらです。

小学生の高倉麻子

野球をやめて、サッカーを始めたばかりの高倉麻子さん。

手足が長くて、スタイル抜群ですね!

サッカーを始めたきっかけ

  • 子供の頃は活発で男友達と野球ばかりしていた
  • 学校にサッカーチームができて友達がみんな入った
  • 父親からも「サッカーをやれば足腰が鍛えられていいんじゃないか」と勧められたので始めた。

引用:https://100th.jfa.jp/value/interview/20210514/

高倉麻子さんが小学生の時は、男子に混じってプレーしている女子サッカー選手として有名だったそうです。

当時はサッカー自体が流行っていたスポーツではなかったですし、女子が男子に混ざってプレーするなんてかなり珍しいことだったでしょうね。



高倉麻子の若い頃②20代の選手ピーク

高倉麻子さんは1985年から2004年まで、現役MFとして活躍していました。

年齢でいうと17歳~36歳ですね。

1985年(当時17歳)に『読売サッカークラブ女子・ベレーザ』に入団したのが、高倉麻子さんのプロサッカー人生の幕開けです。

高倉麻子のMF時代

こちらの写真は、1990年に撮られた写真です。

白黒が時代を感じさせますね。

1990年というと、高倉麻子さんが22歳頃でしょうか。

第1回日本女子サッカーリーグで初得点をあげた瞬間の写真ですが、とっても凛々しいですね。

高倉麻子さん高校

「YOMIURI」と書かれたユニフォーム姿の、高倉麻子さん。

ヘディングがお上手です。

次は、ちょっと写真が暗いのですが、ベテラン時代の高倉麻子さんです。

高倉麻子のMF時代

1994年の広島アジア大会、日本代表として活躍していた時の一枚です。

高倉麻子さんが、26歳頃の写真ですね。

こちらは、アトランタオリンピックでの一枚。

現役20代の高倉麻子

後列の右端、ポニーテールにしているのが高倉麻子さんです。

当時28歳ですね。

とても可愛い笑顔です。

高倉麻子20代

読売のユニフォームを着ているので、おそらく20代かと思われます。

ポニーテールだったんですね!

真剣なまなざしにしびれます。

高倉麻子20代

こちらの写真は、高倉麻子さんが28歳のころの一枚です。

一番右端にいる方が、高倉麻子さんですね。

ポニーテール、本当にお似合いですね!

それから、高倉麻子さんの現役時代の動画がありましたので、ご紹介します。

1996年のアトランタオリンピックの頃ですが、澤穂希選手も高倉麻子さんと一緒に試合に出場していますよ。

(再生ボタンを押すと、高倉麻子さん出演シーン(12分45秒頃)から視聴できます。)

当時の女子サッカーはまだまだ知名度が低く、今より注目されていないジャンルでした。

トレーニングを下の子にも伝えていきたい』とコメントされている通りの未来になりましたね。

現役時代の経歴がすごい

高倉麻子さんの現役時代の成績がずば抜けて良いので、ご紹介します。

日本女子サッカーリーグ最優秀選手賞 (MVP)1992年、1993年(計2回)
日本女子サッカーリーグベストイレブン1989年、1991年、1992年、1993年、1994年、1997年、1998年(計7回)
日本女子サッカーリーグ特別賞1999年
全日本女子サッカー選手権大会1988年、1989年、1994年、1998年(計4回)
全日本女子サッカー選手権大会 最優秀選手賞 (MVP)

1回

獲得タイトルの数が、とてつもない優秀さを物語っていますね。



高倉麻子の若い頃③海外で活躍

高倉麻子さんは若い頃30代も現役選手として活躍していました。

高倉麻子現役MF高倉麻子現役MF

こちらの2枚は、画質が綺麗なのでおそらく30代ではないかと推測します。

笑った際に覗く白い歯が印象的ですね。

31歳で海外へ移籍

また、高倉麻子さんは31歳の1999年には、アメリカの『シリコンバレー・レッドデビルズ』へ移籍しています

  1. 31歳でアメリカに渡り、半年で怪我。
  2. 33歳で復帰し『ベストパフォーマンス』出来るところまで戻す。
  3. 36歳で引退。

それで31歳の時にアメリカに渡りました。

でも、不運なことに練習中に前十字靭帯を切ってしまいました。

それまでケガとは縁がなかっただけに、すごくショックでしたね。

結局、半年くらいで帰国せざるを得ませんでした

ケガをしたことは仕方ないと思ったのですが、そのままで終わりたくはありませんでした

もう一度ピッチに立とうという思いでリハビリをして、33歳の時に復帰をしました。

でも、ピッチに立つだけでは満足できなくて、今度は「ベストパフォーマンスができるところまで戻したい」という思いが出てきて、結局、36歳まで続けました。

自分自身、やり切ったという思いがあったので、納得の引退でした。

(引用:https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/history/interview/052.html?tab=sStory3)

高倉麻子さんは、海外移籍したものの、怪我のために半年で帰国を余儀なくされました。

ですが、女子サッカー選手の海外移籍という意味では、パイオニア的な存在となっています。



高倉麻子のプロフィールと経歴まとめ

高倉麻子のプロフィール

高倉麻子さんのプロフィールをご紹介します。

  • 名前:高倉麻子(たかくらあさこ)
  • 生年月日:1968年4月19日(53歳)
  • 出身地:福島県福島市
  • 最終学歴:和光大学
  • ニックネーム:てるちゃん
  • 好きな食べ物:お寿司
  • 好きなサッカーチーム:バイエルンミュンヘン

(年齢は2021年8月現在)

日本女子サッカーの草分け的存在ともいわれる、高倉麻子さん。

その高倉麻子さんの輝かしい経歴をご紹介します。

1985年~2004年読売日本サッカークラブ・ベレーザ入団 他
1999年アメリカのシリコンバレー・レッドデビルズ入団
2011年FA 公認S級コーチライセンスを取得
2013年~U-16サッカー日本女子代表チーム監督に起用 他
2016年~サッカー女子日本代表の監督に就任

日本代表の初選出は、驚異の弱冠15歳で、高倉麻子さんが中学生3年生の時のことです。

MF時代の公式戦では226試合出場を果たし、当時は1位の記録を持っていました。

現在は敏腕監督として名をはせています

高倉麻子さんは、現役時代も引退後も女子サッカー界を牽引してきた名実ともにサッカー界のスターですね。

まとめ

今回は高倉麻子さんの若い頃や、現役時代をご紹介しました。

昔も今も、とっても美人で、実績も輝かしい高倉麻子さん。

今後の活躍が楽しみです!

関連記事:高倉麻子の旦那はサッカーヴェルディ責任者!顔画像は?子供がいるかも調査