YouTuber

【レペゼン地球】Hは誰?元警備会社社長でLifeGroup取締役?顔画像や名前も

レペゼン地球の訴訟相手Hは誰?元警備会社社長!顔画像や年齢も調査

2021年6月1日、レペゼン地球が解散した本当の理由を動画で告白し、話題になっています。

レペゼン地球が解散し、Candy Foxxとして再始動したのは、レペゼン地球の運営会社LifeGroupの設立と経理を担当したH氏との抗争によるものだとか。

このH氏とは、いったいどんな人なのでしょうか。

今回は、レペゼン地球を解散に追い込んだとされるH氏が誰なのか、職業や年齢、顔画像などプロフィール全般を調査しました。

レペゼン地球を解散に追い込んだのは経理担当H?

レペゼン地球を解散に追い込んだのは経理担当H?

2020年12月26日に、福岡PayPayドームでのライブを最後に、惜しまれつつ解散したDJ集団のレペゼン地球。

解散したと思いきや、翌年2021年1月1日に全く同じメンバーで『Candy Foxx』という新しいグループを発足し再始動したことで、「解散詐欺」といった批判が相次ぎました。

ところが、「レペゼン地球は事情があって解散せざるを得なかった」という事情を元レペゼン地球のリーダーであるDJ社長が動画で告白。

動画で、DJ社長はレペゼン地球が解散したのは、レペゼン地球の所属事務所LifeGroupの経理担当であるH氏の存在が大きく影響していることを告白しました。

動画の概要

  • 2015年、約6000万円の借金を抱えたDJ社長は、H氏に新たに株式会社を設立することを勧められる。
  • 「借金が返済完了するまで預かっておく」という口約束のもと、H氏が資本金100万円でLifeGroup株式会社を設立。
  • LifeGroupの経理をH氏が担当。
  • LifeGroupにてレペゼン地球が快進撃を続け、借金を無事完済するも、株を返してもらえず、経理も全く見せてもらえない状態が続いていた。
  • H氏は、株式譲渡する代わりに、4600万円の退職金や、すべての楽曲の権利、印税の永久譲渡などを要求。
  • DJ社長とH氏は2020年に裁判に発展し、2021年5月現在、抗争中。
  • DJ社長はLifeGroupの社長をクビになり、「レペゼン地球」の商標権が手元になくなったため、活動名を変えざるを得なかった

動画では、H氏が会社のお金を数千万円規模で横領し、息子の家賃に当てたりアメックスカードに使用したりしていた疑いがあることも出ていました。

証拠として録音されたH氏の音声の口調は、かなりドスがきいた声であり、動画の視聴者からH氏がいったいどんな人間なのか、疑問の声が挙がっています。



レペゼン地球の経理担当Hは誰?職業・顔画像・名前は?

レペゼン地球の経理担当Hは誰?職業・顔画像・年齢は?

レペゼン地球の経理担当であるH氏について、わかっているのは以下の内容です。

H氏

  • 名前…H(イニシャル)
  • 職業…元警備会社の社長(2015年当時)、現在はLifeGroupの経理担当
  • 家族…息子がいる

もともと表で活動している社員ではなく、経理など裏方を担当していることから、顔画像や年齢など、詳細はわかっていません

ただ、2015年当時23歳だったDJ社長が、借金を相談し、会社設立を託すほどの相手。

当時警備会社の社長も努めていたことから、年齢は50代以上など、年配なのではないでしょうか。

また、DJ社長がH氏と知り合ったのは知人からの紹介。

音声を効くと博多弁なので、出身はDJ社長と同じ福岡である可能性が高そうです。

↓H氏の肉声↓

名前はわかる?

H氏の名前については、フルネームが特定されるのではないかとも言われています。

  • レペゼン地球の所属事務所は「株式会社 LifeGroup」
  • 会社を設立した人がH氏
  • H氏はLifeGroupの株式の51%を保有

これらの情報から、登記情報をしらべるなどすればH氏のフルネームが判明するのではないか、ということですね。

ただし、こちらの方が本当にDJ社長が言う「H氏」なのかどうかはわかっていません。

情報の取り扱いには十分ご注意ください。



レペゼン地球の経理担当H氏に批判の声

動画でレペゼン地球を解散に追い込んだと告白されたH氏について、ネットでは批判が相次いでいます。

一方で、DJ社長ら元レペゼン地球のメンバーの勝訴は難しいのではないかという意見も。

告白動画では、DJ社長自身も商標権や株式譲渡の件について「バカだった」とコメントし、難しいと感じている様子がわかります。

元レペゼン地球のファンは応援しているコメントは少なくありません。

引き続き元レペゼン地球のメンバー、元Candy Foxxを応援していきましょう。