オリンピック・スポーツ

大谷翔平の父親の職業は野球監督!年齢や画像は?182cmの高身長も話題

【顔画像】大谷翔平の父親の職業は野球監督!年齢は?182cmの高身長も話題

大谷翔平さんがメジャーリーグでも大活躍ですが、最も身近なご家族、特に父親がどんな方か気になりますよね。

大谷翔平さんの父親の職業ですが、現在はリトルの野球監督をされているのだとか。

今回は、大谷翔平さんの父親の職業や、顔写真や年齢、「高い!」と話題の身長も合わせて、ご紹介します。

大谷翔平の父親の職業は?

大谷翔平の父親・徹

大谷翔平さんの父親は名前を徹さんと言いますが、現在の職業はこちらです。

『金ヶ崎リトルシニア』で監督業

大谷翔平の父親の現在の職業は野球リトルシニアの監督

大谷翔平さんの父親・徹さんが監督を勤める『金ヶ崎リトルシニア』は、2014年4月に父親・徹さんが有志とともに立ち上げた中学公式野球クラブです。

金ヶ崎リトルシニア

  • 創立:2014年4月
  • 創立者:大谷徹(大谷翔平の父親)と有志数名
  • 監督:大谷徹
  • 入団資格:野球チームに所属していない小学6年生・中学1年生・2年生
  • 練習日:土曜日・日曜日・祝祭日(半日もしくは終日活動)、平日(週1日から2日、夜間の2時間程度)
  • 練習場所:金ケ崎町内及び近隣市町の野球場(ホームグランドは岩手県立農業大学校野球グラウンド)

金ヶ崎リトルシニアは、現在100名以上の選手が在席する、人気チーム

大谷徹さんの父親・徹さんは、現在はこの金ヶ崎リトルシニアの監督業に専念しているのです。

野球歴が長い

大谷翔平の父親は野球歴が長い

大谷翔平さんの父・徹さんは、実は野球歴がとても長いんです。

大谷翔平さんの父・徹さんの経歴をご紹介します。

1962年岩手県北上市で育つ
中学時代陸上部に所属 → 2年生途中から野球部に転部
高校時代岩手県立黒沢尻工業高校に進学。甲子園を目指す。
卒業後三菱重工横浜野球部に入社
1986年怪我が原因で、引退。同年、妻・加代子と結婚。

結局、大谷翔平さんの父親・徹さんは、中学2年生から社会人6年目まで野球人生を送りました。

野球を始めたのは、祖父・正幸さんに誘われたのがきっかけだったそう。

祖父・正幸さんが父親・徹さんを野球に誘っていなければ、今頃大谷翔平選手はいなかったのかもしれませんね。

父・徹さんの学生時代のポジションはこちら。

  • 中学時代…(2年生から)野球部エース4番
  • 高校時代…野球部・外野手

中学時代、陸上部から転部したばかりで「エースで4番」とはすごいですね!

大谷翔平さんは、生まれた時から父・徹さんから受け継いだ野球の遺伝子を持っていたのかも知れません。

自責の念から少年野球の道へ

大谷翔平の父・徹

大谷翔平さんの父親・徹さんは、最初から監督業の専業をしていたわけではありません。

父親・徹さんの職歴はこちら。

  1. 高校卒業後…三菱重工横浜野球部に入社。入社一年目で肩を故障。
  2. 1986年…入社6年目。監督からの戦力外通告により、現役引退を決意。
  3. 1991年…地元岩手の自動車ボディメーカー後に統合され、トヨタ自動車東日本)に転職
  4. 1994年…少年野球のコーチや監督に就任
  5. 2016年…自動車ボディメーカーを退職

大谷翔平さんの父親・徹さんは、高校卒業後はまず社会人野球部に所属し、選手として活躍。

怪我をきっかけに現役引退し、自動車製造業に携わります。

ところが、往復3時間の通勤時間に加え、昼夜2交代では3人の子どもたちに関わることができず、特に長男には何もできなかったのだとか。

「いま思えばやらせてあげれば……というのがたくさんあって……お兄ちゃんは本当にかわいそうでした」加代子が当時をこう振り返れば、

 徹は「上の息子には何もしてやれませんでした。だからこそ……」とこう続ける。

下の子(大谷)には仕事を少しくらい犠牲にしても、気合を入れてやってやろうというのがあったんです。

 わたしがやれること、教えられることは野球くらいでしたから」

(引用:https://ryoto-seeking-dailylife.com/ootani-shohei-family-profile-photo)

大谷翔平さんの父親・徹さんは、この自責の念から、自動車メーカーに転職して3年後、少年野球のコーチや監督を引き受け始めます。

息子の願いを叶えるために監督業専業へ

大谷翔平の父親・徹大谷翔平の父親・徹

そして2014年には地元の有志と『金ヶ崎リトルシニア』を立ち上げ、監督に就任します。

『金ヶ崎リトルシニア』は、実は大谷翔平さんの『ジュニアに目標とされる選手になりたい』という願いがきっかけだったのだとか。

2016年末には、父親・徹さんは、『金ヶ崎リトルシニア』で監督業に専念する為、長年勤めた自動車ボディメーカーも定年を前に退職しています。

大谷翔平さんの父親・徹さんは、父親としても監督としても大谷翔平さんの野球人生を支え続けています



大谷翔平の父親の画像や年齢は?プロフィールまとめ

大谷翔平さんの年齢や画像をご紹介します。

大谷翔平の父親の顔画像や年齢は?
  • 名前:大谷 徹(おおたに とおる)
  • 年齢:1962年前後(58歳前後)

(年齢は2021年8月現在)

大谷翔平さんと父親の徹さん、顔が似ていますね!

大谷翔平と父親

父・徹さんの年齢は2021年現在58歳前後なので、大谷翔平さんは徹さんが31歳の時に生まれた子供ということですね。



大谷翔平の父親は182cmの高身長

大谷翔平の父親の顔画像や年齢は?

大谷翔平さんの野球人生を支え、また自身も野球人生を送ってきた父親・徹さん。

なんと、大谷翔平さんの父親・徹さんは身長が182cmもあるそうですよ。

  • 大谷翔平:193cm
  • 父親:182cm
  • 親子の身長差:9cm

大谷翔平さんも、大谷翔平さんの父親・徹さんも、どちらも高身長なんですね!

ちなみに、日本成人男性の平均身長は172cmですので、大谷翔平さんの父親・徹さんも身長が平均より約10cmも高いという事ですね!

大谷翔平さんや父親・徹さんが、男性平均身長の方と並んだ時のイメージがこちら。

大谷翔平と父親・徹さんの身長

大谷翔平さんや父親・徹さんと並ぶと、平均身長の男性も子供のようですね。



大谷翔平さんの父親・徹さんの育児論

大谷翔平の父親・徹

大谷翔平さんを育てた、父親・徹さんの育児の姿勢が素敵でしたのでご紹介します。

「これといったしつけみたいなものはありませんでしたよ。ごくごく普通。

私たち親が『おはようございます』『お休みなさい』を言う。

あるいは、自分が食べたものは自分で片づける。

そんなごく当たり前の普通のことを親が率先してやれば、その姿を子供たちは見て自然とやるようになるのかなあとは思っていましたけど、思い当たるのはそれぐらいですね」

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/e8f6e28ea423b2af10e5560b3a20113c72c7ace1)

当たり前のことを当たり前にするのは、シンプルだからこそ難しいことですよね。

そんな大谷家の7か条を、ご紹介します。

  1. 学校から帰ると家族みんなでテレビを見る
  2. 勉強はリビングで!家族みんなで行う
  3. 自分の部屋に戻るのは寝る時のみ
  4. 食事は家族そろってみんなで食べる
  5. 休みの日はホットプレートで食事する
  6. 夫婦喧嘩は子供に見せない
  7. 父親はほとんど叱らない

大谷翔平さんの父親・徹さんは、家族で過ごす時間を、とても大切にしていることが伺えますね!

自分がお手本になる姿勢を見せ続けてきた父親・徹さんの背中を見てきたからこそ、大谷翔平さんは野球を続けてこれたのかもしれません。

まとめ

今回は、大谷翔平さんの父親・徹さんの顔写真や年齢、職業、身長をお届けしました。

大谷翔平さんの野球人生を支える、父親・徹さんの姿が印象的で、大谷翔平さんの強さの秘密がわかる気がします。

今後の大谷翔平さんの活躍が楽しみですね!