話題

【ブルーインパルス】五輪マークの穴場撮影スポット3選!見える場所は?時間も

ブルーインパルスの五輪マークが見える時間は?穴場撮影スポットも

2021年7月23日に行われる東京オリンピックの開会式で、ブルーインパルス5機が五輪マークを描く演出が予定されており、話題になっています。

ブルーインパルスの見事な五輪マークを見たい!撮影したい!という方は多いと思いますが、見える時間や撮影できそうな場所も気になりますよね。

今回は、実際にTwitterに寄せられた「予行演習でブルーインパルスの五輪マークが見えた」という場所や撮影穴場スポットの情報についてまとめました。

ブルーインパルスの五輪マークは、開会式中でなく午後0時40分過ぎに行われました。五輪マークの画像や動画をご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

ブルーインパルスの五輪マーク画像と動画まとめ!キレイな投稿集めました
ブルーインパルスの五輪マーク画像と動画まとめ!キレイな投稿集めました!東京五輪ブルーインパルスは、東京五輪の開会式に合わせた演出として、2021年7月23日、午後0時42分頃に東京上空を飛行演習。 0時50分過ぎ...

ブルーインパルスの五輪マークが見える穴場撮影スポットまとめ

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は、東京五輪の開催に合わせて、開会式当日に五輪マークを描く飛行演習を予定しています。

アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京五輪開会式の23日に

都心部で周回飛行し、国立競技場の上空で、カラースモークを使い青、黄、黒、緑、赤の五輪マークを描く

引用元:日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/general/news/202107150000885.html

ブルーインパルスの五輪マーク、できればリアルに見て、撮影もしたいですよね。

ではさっそく、ブルーインパルスの五輪マークがキレイに撮影できそうな、穴場スポットをご紹介します。

ブルーインパルスが五色の五輪マークを描くのは7月23日の祝日です。営業時間にご注意ください。

①新宿高島屋

  • 所 在  地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
  • 電話番号:03-5361-1111
  • 営業時間:10:30~19:30

新宿駅ミライナタワーから徒歩1分という立地にある新宿高島屋。

12階~14階はレストランもあり、そこからは新宿の街や新国立競技場を一望できます。

ここからなら、新国立競技場もブルーインパルスの五輪マークもキレイに見えるのではないでしょうか。

②代々木公園や明治神宮

代々木公園や明治神宮の西側、空が開けている場所でも五輪マークが見える可能性があります。

こちらは混雑する可能性があるのと、場所によっては気が邪魔になりそうなので、感染対策や場所選びにお気をつけください。

③東京オペラシティ レストラン街

東京オペラシティ

東京オペラシティも、53階、54階のレストラン街は空が広く開けて見えます。

ブルーインパルスが予行演習と同じ場所に五輪マークを作るなら、代々木方面(南側)のレストランを選ぶのが良さそうです。

窓際の席は争奪戦になりそうですが、景色もいいので席が取れたら、ゆっくり食事をしながらブルーインパルスと五輪マークを待ってもいいかもしれませんね。

 

ただし、ブルーインパルスの飛行ルート、五輪マークを作る場所は変わる可能性もあります。

また、同じ場所だとしても他にも撮影穴場スポットはありそうです。



ブルーインパルスの五輪マークが見える場所は?

7月21日には、ブルーインパルスの五輪マークの予行演習が行われました。

そこでの撮影報告や目撃情報をもとに、ブルーインパルスの五輪マークが見える場所をもう少し見ていきましょう。

当日の飛行ルート

航空自衛隊が公開したブルーインパルスの飛行ルートはこちら。

東京五輪 ブルーインパルスの飛行ルート

このように、ブルーインパルスは広範囲を飛行予定です。

ですが、五輪マーク自体を見られる場所は限られます。

ブルーインパルスが見えたからといって、五輪マークも見えるとは限らないのでお気をつけください。

予行演習ではどこに見えた?

ブルーインパルスは、7月23日の予行演習を7月21日に行い、白い煙で五輪マークを描きました。

ブルーインパルスの五輪マークを上空から撮影した画像がこちらです。

ブルーインパルスの五輪マークが見える場所は?

五輪マークは新国立競技場の上空にできると考えていた方が多くいらっしゃいましたが、少し西側にずれています。

Twitterの撮影報告を確認!

7月21日の予行演習では、様々なところから「五輪マークが見えた」という報告がTwitterに挙がりました。

五輪マークが見えた場所ですが、新国立競技場周辺からは、新国立競技場が邪魔でかえって見にくかったようです。

国立競技場より西側の、新宿や中野方面での目撃情報が多かったようですね。

また、ビルが立ち並ぶ場所からだと、五輪マークが大きいためきれいに全体を見ることは難しかったようです。

五輪マークをキレイに見るなら、国立競技場から少し離れた高い場所がいいようで、職場のビルや屋上から見た方も多かったようすね。

ブルーインパルスの五輪マークが見える場所

  • 国立競技場よりやや西側
  • 開けた高い場所
  • 中野や新宿方面はよく見えた?

これらの情報から、新国立競技場周辺の上空が広く見渡せる場所は他にもまだまだありそうですよね。

土地勘のある方は特に、他のブルーインパルス五輪マークの穴場撮影スポットも見つけてみてください。



ブルーインパルスが五輪マークを描くのは開会式じゃない!?時間は?

1998年長野オリンピックでは、日中に行われた開会式の中で、ブルーインパルス5機が5色の五輪マークを描き、感動を呼びました。

ブルーインパルス 長野オリンピック

ですが、東京オリンピックは、開会式が夜20時から開催。

ブルーインパルスの飛行時間は少なくとも東京五輪の開会式中ではないようです。

夜間はスモークが見えないため、飛行は日中とみられる。

引用元:日刊スポーツ

ブルーインパルスの五輪マークが見える時間を勘違いされている方も多いようなので、先に五輪マークが見られる時間をご説明します。

追記:ブルーインパルスの飛行時間が発表されました!

 

時間は日中!23日当日に公表

ブルーインパルスが五輪マークを描く時間は、2021年7月22日時点ではまだ公表されていません。

詳しい時間は当日、会員制交流サイト(SNS)で公表

当日まで時間を公表しないのは、五輪マークを見に密集地帯ができることを避けるため、とのことでした。

ちなみに、航空自衛隊がブルーインパルスの飛行時間を発信するというSNSは、以下の3つです。

なお、TwitterとInstagramはアカウント登録が必要です。

新しくアカウントを登録したくない方は、Facebookページを御覧ください。

時間予想は昼間のいつ?

実際に開会式当日の7月23日の何時に飛ぶのかは、「コロナ禍での密を避けるため」とあるので、予想が付きづらいです。

ブルーインパルスが予行演習をした7月21日の時間はこちら。

  • 午後0時21分頃 「この後東京上空で予行演習をする」とSNSに発信。
  • 午後0時40分頃 新宿上空で五輪マークの演習
東京五輪でブルーインパルスが五輪マークを描く時間は?https://twitter.com/JASDF_PAO/status/1417686124286283778?s=20

空の安全上、23日も同じくらいの時間に飛行するのではないか、という意見も見られました。

どちらにせよ、ブルーインパルスの五輪マークを見たい方は、朝早めに撮影スポットに出かけて、空自のSNSをチェックしておいた方がよさそうです。

まとめ

以上、「予行演習でブルーインパルスの五輪マークが見えた」という場所や撮影穴場スポットの情報についてお届けしました。

東京五輪での五輪マークは、開会式中ではなく、時間も直前までわからないという、撮影したい方にはハードルの高い条件となっています。

ですが、次はいつ見られるかもわからない五輪マーク。

キレイにカメラに収められるよう、検討を祈ります!

ブルーインパルスの五輪マーク画像と動画まとめ!キレイな投稿集めました
ブルーインパルスの五輪マーク画像と動画まとめ!キレイな投稿集めました!東京五輪ブルーインパルスは、東京五輪の開会式に合わせた演出として、2021年7月23日、午後0時42分頃に東京上空を飛行演習。 0時50分過ぎ...
新国立競技場が見える場所5選!ホテルやレストランに穴場スポットも
新国立競技場が見える場所6選!ホテルやレストランに穴場スポットも新国立競技場は、東京オリンピックやアーティストのコンサートなど、注目されるイベントが開催される場所ですよね。 中には、せめて少しでも中...