オリンピック・スポーツ

【動画】丹羽孝希の舐めプレー7選!クールなスーパープレーが話題

【動画】丹羽孝希の舐めプレイ7選!クールなスーパープレイが話題

卓球選手の丹羽孝希さんが、東京オリンピックの男子団体でのプレイがクールすぎると話題になっています。

過去には、常識はずれの脱力レシーブや、試合中にしゃがむなど「舐めプレー」「やる気ない」とまで言われるスーパープレーも多々あったとか。

今回は、丹羽孝希さんのクールな「舐めプレー」の動画を集めました!

丹羽孝希のクールで舐めたスーパープレーまとめ

丹羽孝希のクールで舐めたスーパープレイまとめ

さっそく、丹羽孝希さんのクールな舐めプレーを見ていきましょう。

①試合中にしゃがむ!?

丹羽孝希さん、アウトボールを避けるのに、なんとしゃがみ込んでいます。

相手選手や丹羽孝希さんの無表情な顔がなんとも言えません。

②やる気なさげな不動レシーブ

丹羽孝希さんは、プレー中の動きが最小限。

省エネ型のプレースタイルが「クール」と話題です。

他の選手が大きく派手に動き回る人が多い分、「やる気ない」と言われることも少なくないのだとか。

③回転レシーブ?

こちらは、丹羽孝希さんがレシーブの際にクルリと1回転して打ったプレー。

一見「遊ぶ余裕がある」ようにも見えますが、たまたま体制的に回転したものだったのでしょうか。

④そんなに遠くから!?

卓球は、小さな台から離れたプレーもよく見かけます。

ですが、こちらの丹羽孝希さんのプレーは、卓球台のはるか遠くから打ち込まれています。

もはや球がどういう動きをしているのかわかりませんね。



⑤神業カットレシーブ

丹羽孝希さんは、カットブロックも得意技のひとつです。

バックハンドのカット動作がもはや神業級。

相手選手は手元で大きく動きを変えるボールに追いつけずにいます。

⑥ゲームに勝ってもクールなリアクション

丹羽孝希さんは、試合で点を入れてもあまり大きな掛け声をあげません。

クールに控えめなガッツポーズをするくらい。

掛け声はないクールな丹羽孝希https://twitter.com/good_scape/status/1422916066469060611?s=20

東京オリンピックの卓球男子団体では、ペアを組んだ張本智和さんの派手なリアクションと対象的で、視聴者のハートを鷲掴みしました。

⑦番外編:乃木坂コンサートのためテレビを早退

丹羽孝希さんは、クールな卓球プレーもさることながら、プライベートでもマイペース。

こちらはテレビ番組にゲストとして出演した時、番組終了前に早退したときのもの。

その早退理由はなんと「乃木坂46のコンサートに行くため」。

テレビ番組より乃木坂46を優先する丹羽孝希が「かわいい」と、むしろ丹羽孝希さんの魅力を上げるエピソードになったようです。



丹羽孝希のクールで舐めたスーパープレーにファンは?

丹羽孝希のクールで舐めたスーパープレイにファンは?

丹羽孝希さんのクールで舐めたスーパープレーが世間で話題になったのは、東京オリンピックの卓球男子団体。

準々決勝では、張本智和さんとのダブルスや、水谷隼選手が負けたファルク選手とのシングルを「クール」に勝ち取り、話題を呼びました。

白熱した試合展開でも、クールに勝利を重ねていく丹羽孝希さんに、ときめく方が続出したようです。

まとめ

以上、丹羽孝希さんのクールな「舐めプレー」の動画をお届けしました。

丹羽孝希さんは、暑苦しくなくクールなのに、スーパープレイの数々で確実に試合を勝ち進んでいくところがたまらない魅力ですね。

引き続き、丹羽孝希さんのクールな舐めプレーに注目です!