オリンピック・スポーツ

皆川博恵の父親は教師で元レスリング選手!画像は?母親や兄弟も紹介

皆川博恵の父親は教師で元レスリング選手!画像は?母親や兄弟も紹介

皆川博恵さんは、東京オリンピックの日本代表としても活躍される女子レスリング選手は、父親や、母親・4歳年上の兄がいます。

中でも、皆川博恵さんの父親は元レスリング選手で、レスリング普及に尽力される体育教師でもあるとか。

今回は、皆川博恵さんの父親や、母親・兄弟についても詳しく見ていきましょう!

皆川博恵の父親・秀知は元レスリング選手

皆川博恵さんの父親は、名前を「鈴木秀知」さんと言います。

皆川博恵さんは現在結婚されて「皆川」姓になりましたが、旧姓が「鈴木」です。

皆川博恵さんに父親・秀和さんは、日本体育大学を卒業され、現在は京都府内の高校で体育教師をしています。

元レスリング選手

レスリング

皆川博恵さんの父親・秀和さんは、学生時代はレスリング選手でした。

父親・秀和さんの現役時代の実績などはわかっていません。

ですが、皆川博恵さんを生後間もない頃からレスリングマットの上に連れて行ったというエピソードがあります。

皆川博恵さんは、物心ついた頃にはレスリングをしていたとか。

皆川博恵さんの父親・秀和さんは、かなりレスリングに熱中され、実績もある方なのではないでしょうか。

レスリング部をゼロから作る

レスリング

皆川博恵さんの父親・秀和さんは、レスリング部のなかった高校で、レスリング部をゼロから作るという偉業を成し遂げた方でもあります。

当時はまだレスリングが一般に知られておらず、京都府内にはレスリング部がある高校は一つもありませんでした。

ですが、「学生たちにレスリングを教えたい」と考えた皆川博恵さんの父親・秀和さん。

体育教師として赴任した立命館高等学校でレスリング部をゼロから立ち上げました

  • ゼロから部員集め
  • 高校で指導していた生徒を自宅に下宿させ、付きっきりでレスリング指導

そんな努力のかいもあり、4年の歳月を経て学校側は父親・秀和さんの熱意を認め、レスリングマットを購入。

現在では「立命館高等学校で最も強い運動部はレスリング部」という強い部活に成長しています。

レスリング道場「宇治教室」を設立

皆川博恵の父親はレスリング道場を設立

また、皆川博恵さんの父親・秀和さんは、高校生だけでなく小さな子どもたちもレスリングができるように、自宅にレスリング道場「宇治教室」を設立。

この道場は、生まれたばかりの皆川博恵さんや4歳年上の兄にとっては最も身近な遊び場だったようです。

たくさんの苦労があったようですが、そのおかげで皆川博恵選手もレスリングに打ち込むことができたのですね!

レスリングを強要はしなかった

皆川博恵

皆川博恵さんは、生まれた時から生活の一部としてレスリングが存在していました。

ですが、父親・秀和さんも母親も皆川博恵さんにレスリングを強要することは終始なかったようです。

当時は女子レスリングが珍しかったこともあり、父親・秀和さんは「楽しんでやってくれれば良い」と考えていたとか。

そのため、皆川博恵さんの学生時代はレスリング一筋ではなく、自由でした。

  • 皆川博恵は中学時代は陸上部
  • 語学勉強を目的に高校2年生の1年間、ニュージーランドに留学

それでも、皆川博恵さんは結局レスリングに一番のめり込むことに

  • 陸上部だった中学時代は、並行して続けていたレスリングのほうが成績が圧倒的によかった
  • 高校は父親・秀和さんがいるレスリング強豪の立命館高校に進学
  • 高校の留学中も、現地でレスリングの大会に参加
  • 全日本選抜選手権では2012年(25歳)から8連覇

皆川博恵さんの現在のレスリング人生は、明らかに父親・秀和さんの影響を受けたものではないでしょうか。



皆川博恵の母親・みち子は家族を支える聖母

皆川博恵選手の母親・みち子さんについての詳しい情報は公表されていません。

当時は女性がレスリングをすることが珍しかったため、幼少期から「強要しない」という教育方針があったようです。

また、2018年に公開された記事にはこう書いてありました。

うちは全然べったりって感じじゃないんですよ。いつだって嫌になったらレスリングを辞めたっていいと思っていましたから。でも続けているってことは好きなんでしょうね。

このことから、皆川博恵選手の母は家族全員の意見を尊重し、陰で支える大きな存在であったことがわかります。

皆川博恵選手は穏やかでおっとりしているイメージで、良い意味で格闘技をしているようには一見見えないですよね。

こういったお母様だからこそ、皆川博恵選手のゆったりした人間性が形成されたのかもしれませんね。



皆川博恵の兄弟は4歳上の兄・宗之

皆川博恵選手と同じようにレスリングが身近にあった兄の宗之さん

2人揃って練習に明け暮れていたそうですが、残念ながらお兄様の詳しい情報はありませんでした。

皆川博恵さんと父親・秀和さんのレスリング道場に通ったと言いますから、学生時代はやはりレスリングに打ち込まれていたのかも知れませんね。



皆川博恵のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroe Minagawa(@hiroe.minagawa.suzuki)がシェアした投稿

 
生年月日1987年8月19日(2021年6月現在33歳)
身長・体重162㎝・76㎏
所属クリナップ
五輪代表歴なし(東京五輪で初出場)
主な戦績

17年世界選手権で75㎏級、18年76㎏級で銅メダル。19年76㎏級で銀メダル。

皆川博恵さんは、日本女子レスリング最重量級の第一人者で全日本選抜選手権8連覇の偉業を成し遂げました。

2016年のリオデジャネイロ五輪は、1年前のケガの影響で代表は浜口京子さんの手に。

2019年レスリングの世界選手権76㎏級で日本人13年ぶりの決勝進出を決め、33歳という代表最年長で東京五輪代表に出場。

2017年11月22日、いい夫婦の日に皆川拓也さんと入籍(旧姓:鈴木)されています。

まとめ

以上、皆川博恵さんの父親や母親・兄弟といったご家族についてご紹介しました。

選手生命が長いとはいえないレスリング競技において、33歳になった現在も第一線で活躍できている皆川博恵さん。

皆川博恵さんの強さには、紛れもなく家族の存在が大きいものと感じられますね。

引き続き、皆川博恵さんの活躍に注目していきましょう!

関連記事:【画像】皆川博恵のカップのサイズは?脇へそチラリや太もももたっぷり紹介