オリンピック・スポーツ

伊藤美誠&水谷隼(みまじゅん)の幼馴染エピソード11選!おんぶの画像も

伊藤美誠&水谷隼(みまじゅん)の幼馴染エピソード7選!おんぶの画像も

東京オリンピックで卓球混合ダブルス悲願の金メダル獲得という快挙を成し遂げたペア。

”みまじゅん”こと伊藤美誠さんと水谷隼さんは幼馴染で大の仲良しです。

そんなお二人の幼馴染&仲良しエピソードを紹介します。

伊藤美誠と水谷隼(みまじゅん)の関係は幼馴染

伊藤美誠と水谷隼(みまじゅん)の関係は幼馴染 伊藤美誠さんと水谷隼さんはともに静岡県磐田市出身

年齢差は12歳!

実はそんなお二人は、16年の深い絆で結ばれた幼馴染なんです。

伊藤美誠さんは2歳から卓球を始め、4歳の時に水谷隼さんの父がコーチを務める「豊田町卓球スポーツ少年団」に通うようになりました。

水谷隼さんはこの少年団の第一期生で、青森山田中学校に転校する13歳まで所属。

お二人の所属時期は被っていませんが、ご家族同士がとても仲良しで家族ぐるみのお付き合いをされていました。

そのため、水谷隼さんは帰郷するとよく伊藤美誠さんの家に遊びに行っていたそうです。

自身は中学生から国外で経験を積み、日本を代表する選手へと駆け上がったが、地元に帰ればクラブに顔を出し、伊藤とも遊んだりおんぶしたりと触れ合っていた。時には伊藤の自宅に行き、のんびり過ごしたこともあった。

引用元:東京新聞 

伊藤美誠さんは水谷隼さんとの関係を

「仲の良い『年の差きょうだい』って感じ」

と表現されています。

一方、水谷隼さんは

「僕の中では、彼女の年齢は5、6歳からずっと止まったまま」

と、幼い頃から変わらない関係を築いている様子です。

なんだか微笑ましいですね。



伊藤美誠と水谷隼(みまじゅん)の幼馴染エピソード11選

そんな幼馴染”みまじゅん”の仲良しエピソードを紹介します!

①小さい伊藤美誠をおんぶしてあげてた

①小さい伊藤美誠をおんぶしてあげてた

帰郷のたびに伊藤美誠さんの実家でくつろいでいた水谷隼さん。

兄妹のように遊ぶ中で、おんぶをしてあげていたそうです。

その他にも鬼ごっこやプロレスごっこなどアクティブな遊びもよくしていたそうです。

水谷隼さんは小さい子と遊ぶのが上手なんですね。

お二人とも本当に楽しそう!

②伊藤美誠は水谷隼を「じゅん」と呼ぶ

②伊藤美誠は水谷隼を「じゅん」と呼ぶ

12歳の年の差があり、同じスポーツをする仲で、自ずと出来上がる上下関係。

”みまじゅん”のお二人は、親しみと敬意を込めて名前を呼び捨てで呼び合っているようです。

「隼みたいな選手になりたいと思っていた」と親しみを込めて水谷を名前で呼ぶ伊藤も早くから頭角を現し、小学校6年生のときに初めてワールドツアーに参加した。

引用元:東京新聞 

年齢差はあれど、同じアスリートとして対等に向き合う姿勢。

人生とアスリートの先輩として尊敬の念を込めて名前で呼び合う関係。

とてもうらやましい関係性ですね。



③一緒に年越しする仲

水谷隼さんと伊藤美誠さんは同じ静岡県磐田市出身であり、実家も近いようです。

小学校低学年の時は、一緒に年越しをしていたのだとか。

もはや家族のような関係なのかもしれませんね。

④お互いを知り尽くしている

③お互いを知り尽くしている

伊藤美誠さんは水谷隼さんとの関係について、

お互いどんな小さなことも話ができる仲

と表現されています。

これってスゴイ言葉ですよね!

幼い頃から当たり前のようにそばに居た存在であり、同じアスリートとして先を歩く水谷隼さんを心から信頼していることが伝わってきます。

③お互いを知り尽くしている

相手の良い部分も、悪い部分も、尊敬する部分も、弱い部分も。

すべてをまるっと受け止めているのでしょう。

そんな伊藤美誠さんとの関係について、水谷隼さんも

後にも先にも、こんな奇跡的なめぐり合わせはない

と、これまた最高のコメント。

出会いを「奇跡」と表現するなんて…!

家族や恋人以外でそんな人物と出会える人は一握りでしょう。

⑤伊藤美誠の立場が上

「私生活では水谷隼さんより伊藤美誠さんの方が上」なのだそうです。

夫婦仲が良好な秘訣はかかあ天下とも聞きますし、奥さんの立場が上の方が関係性は良くなるそうです。

とっても可愛い伊藤美誠さん、実は尻に敷くタイプ…なのかもしれませんね。

⑥伊藤美誠の原点は水谷隼

伊藤美誠さんは幼少期に、卓球で活躍する水谷隼さんにこのような質問をしたのだとか。

「どんな練習をしているの?」

すでに卓球界で活躍していた水谷隼さんの背中を、常に追い続けてきた伊藤美誠さん。

水谷隼さんが卓球の道を切り開いてきた姿を間近で見ていたことが、伊藤美誠さんの卓球に対するやる気や力の源になっているようです。



⑦母も認める仲

伊藤美誠さんの母・美乃りさんは、伊藤美誠さんと水谷隼さんの関係をこのようにコメントしています。

何も言わなくても、わかりすぎている不思議な関係。兄妹のような感じ。

数カ月前まで水谷選手のスイッチが入らず、私たち親子から『いつスイッチ入るの!?』と圧をかけさせてもらった(笑)。

混合ダブルスを組むうえで、お互い『やめてよ』『これ良くない?』という会話ができるのは、プラスになっている」

(引用:テレビ静岡https://news.yahoo.co.jp/articles/bbbf2a8cae911f815eaecc33501a950d9357c812

伊藤美誠さんと水谷隼さんは、周囲から見てもなんでも言い合える関係なんですね。

いつも対等に会話できる仲だからこそ勝てたのでは?とコメントしていました。

⑧お互いにタオルを取ってあげる

試合の途中で、流れる汗をタオルで拭うシーン。

ここにも仲良しエピソードが!

同じように流れる汗を拭うため、相手のタオルを取ってあげるシーンが見られました。

お互いを大切に思うの小さな気配りの瞬間を見逃さなかった視聴者も多かったようです。

言葉はなくても、相手への大きな想いを感じられます。

⑨伊藤美誠のタオルをたたんであげる水谷隼

⑤伊藤美誠のタオルをたたんであげる水谷隼

タオル関連でもう一つ仲良しエピソードがあります。

お兄さんの水谷隼さんは、さりげなく伊藤美誠さんのお世話をするシーンも。

仲が良くお互いをリスペクトしているからこその言葉ではないでしょうか。

水谷隼さんは伊藤美誠さんのことを本当に可愛がっているんですね!

⑩水谷隼の衣装ミスを伊藤美誠がカバー

⑥水谷隼の衣装ミスを伊藤美誠がカバー

12歳年上で試合でもリードしてくれるしっかり者の水谷隼さん。

しかし、試合の外では思わぬミスをすることも。

お兄さんらしくゲームを引っ張った水谷だが、試合前はユニホームの色を間違うミスを犯していた。「赤か黄と聞いていて、赤を着て行ったら、外しました」。伊藤が仕方なく黄色から赤に着替えて試合へ。勝利後は、掛け合い漫才のような取材対応を繰り広げた。

引用元:スポニチ 

伊藤美誠さんが水谷隼さんに合わせて着替え直すエピソードに、思わず笑みがこぼれてしまいます。

お二人の仲の良さを知ると、その場面の掛け合いが容易に想像できてしまいますね。



⑪勝利の秘訣は「相手への信頼」

⑦勝利の秘訣は「相手への信頼」 ⑦勝利の秘訣は「相手への信頼」

お二人は出会って16年。

若くして様々な戦歴を残してきた水谷隼さんに憧れ、「隼みたいな選手になりたい」と口にするほど伊藤美誠さんにとって水谷隼さんは大きな存在

東京オリンピックで勝利を残した試合後、伊藤美誠さんは次のようにインタビューに答えるシーンがありました。

伊藤は「水谷選手とだから勝てたなってすごい感じました。水谷選手がすごい諦めない気持ちというか、声も一本、一本、水谷選手と一緒に組めたから勝てたと思いました」としみじみと語っていた。

引用元:デイリースポーツ 

ペアで戦うには、信頼関係はなにより大切です。

気心知れた仲であり、相手の実力を確信しているからこそ、全力が出せるのでしょう。

「必ず勝つ!」という二人の強い思いが重なった結果、相乗効果が生まれたのかもしれませんね。

まとめ

ここまで伊藤美誠さんと水谷隼さんの幼馴染&仲良しエピソード7選を紹介してきました。

お二人の活躍を見守ってきたご家族たちも、歴史的金メダル獲得の瞬間に涙したことでしょう。

これからも”みまじゅん”ペアでどんな軌跡を残していくのか楽しみですね!