オリンピック・スポーツ

町田瑠唯は緑が丘中学出身!高校はバスケ名門校で主将も!大学は?学歴まとめ

町田瑠唯は緑が丘中学出身!高校はバスケ名門校で主将も!大学は?学歴まとめ

東京オリンピックの女子バスケで、背番号13番を背負って史上初のメダル獲得をもたらした町田瑠唯さん。

そんな町田瑠唯さんが通った中学校や高校はどこだったのでしょうか。

今回は、町田瑠唯さんの学歴として、中学・高校や学生時代の実績についても調査しました!

町田瑠唯の学歴まとめ!中学・高校はどこ?

町田瑠唯の学歴まとめ!中学・高校はどこ?

町田瑠唯さんの学歴をまとめました。

町田瑠唯の学歴

  • 小学校:旭川市立西御料地小学校
  • 中学:旭川市立緑が丘中学校
  • 高校:札幌山の手高校
  • 大学:進学せず

町田瑠唯さんは、小学校・中学校は地元の公立学校に進学。

高校で一気にバスケ名門の山の手高校に進学しています。

それぞれ町田瑠唯さんのバスケ成績も含めてご紹介します。



町田瑠唯の出身中学は緑が丘中!全国大会で決勝へ

町田瑠唯の出身中学は緑が丘中!

  • 旭川市立緑が丘中学校
  • 所在地:北海道旭川市緑が丘3条4丁目

町田瑠唯さんの出身中学は、旭川市立緑が丘中学校です。

緑が丘中学校は町田瑠唯さんの出身地にある一般の公立中学。

特にバスケットの強豪校ではなく、当時の顧問の先生もバスケット経験者なだけで指導はあまりされなかったとか。

町田瑠唯の中学時代の成績

  • 中学3年時 全国中学校バスケットボール大会(全中)で決勝トーナメントに進出

それでも緑が丘中学が全国規模の大会にたびたび出場できたのは、町田瑠唯さんたちだったと言います。

1年からスタメン

町田瑠唯の中学時代

小学校2年生からバスケットをやっていた町田瑠唯さんは、中学1年生からスタメンに。

ミニバスで一緒だった仲間と一緒に、練習メニューや作戦を考えたりしていたのだとか。

元バスケット選手だった町田瑠唯さんの父親も時々見に来て指導してくれたと言います。

町田瑠唯の父親

町田瑠唯さんは中学入学時の身長で140cmと低かったので、ポジションは当時からガードだったとか。

それでも、マラソン大会は中学3年間1位で、足が早かったのも昔からのようですね。



町田瑠唯の出身高校はバスケ名門・山の手!主将で3冠達成も

  • 札幌山の手高等学校(私立)
  • 所在地:北海道札幌市西区山の手2条8丁目5−12
  • 偏差値:
    42 – 59

札幌山の手高校は、当時からバスケットの名門私立で、全国制覇を5回しています。

国内のバスケトップリーグ「Wリーグ」に、この札幌山の手高校出身の選手が約40人もいるとか。

東京オリンピックの日本代表でも、3人が山の手高校出身。

町田瑠唯、長岡萌映子、東藤なな子

オリンピック代表の人数は、愛知県のバスケ強豪校「桜花学園」に並びます。

家族には反対されていた

家族には反対されていた

町田瑠唯さんは、

「北海道で一番強い高校だったし、そこで優勝したい、日本一になりたい」

という思いで、山の手高校の進学を決めました。

ですが、当初は町田瑠唯さんの背の低さに、山の手高校への進学を反対されていたのだとか。

実はおじいちゃんとお父さんからは札幌山の手への進学を反対されていたんです。特にお父さんは「札幌山の手に行ってもお前は試合に出られないよ。すぐにはそんなに活躍できないと思うし、できたとしても3年目にようやくユニフォームをもらう程度。しかもユニフォームをもらっても出られないヤツもいるんだから……お前は何せ小さいんだから」と言うわけです。

引用元:BASKETCOUNT

それに対して、町田瑠唯さんは「小さいからできない」と言われるのがすごく嫌、と両親を説得。

最後には父親も祖父も応援してくれて、進学しています。

町田瑠唯キャプテンで高校3冠

町田瑠唯キャプテンで高校3冠

札幌山の手高校でも、最高記録は2010年の「高校3冠」。

  1. インターハイ優勝
  2. 国体優勝
  3. ウィンターカップ優勝

この時の主将が町田瑠唯さんでした。

高校入学時の身長は154センチ(現在162センチ)だったが「スペースを見つける嗅覚、局面を一気に変えるパスセンスは天性のものだった」(札幌山の手高校・上島正光コーチ)

引用元:スポーツ報知

バスケット選手としては身長が小さいながら、父や祖父の心配も何のその。

町田瑠唯さんは、高校3年生の2010年に、U-18アジア選手権に出場し、準優勝にも貢献しています。

高校時代からトップ選手たちに負けない活躍を見せていますね。



大学は進学せずプロリーグへ

大学は進学せずプロリーグへ

町田瑠唯さんは、高校を卒業後は大学には進学せず、Wリーグの富士通レッドウェーブへ。

初年度の2011年シーズンから大活躍でした。

  • Wリーグルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞
  • U-19世界選手権でベスト5とアシスト王

町田瑠唯さんは、その後も各日本代表に選抜され、素晴らしい活躍を見せています。

主な戦績

  • 2014年 仁川アジア大会 銅メダル
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック ベスト8
  • 2019年 FIBAアジアカップ 優勝
  • 2021年 東京オリンピック メダル獲得



バスケットを始めたのは小学校2年生

バスケットを始めたのは小学校2年生

町田瑠唯さんがバスケットを始めたのは、小学校2年生のとき。

当時の担任の先生がミニバスの顧問で、幼馴染の高田汐織さんの誘いもありバスケットを始めました。

町田瑠唯さんをバスケの道に誘った高田汐織さんは、その後町田瑠唯さんと小中高一緒にプレーしています。

小学校時代に町田瑠唯さんにバスケを教えたのは、ミニバスのコーチと元バスケ選手だった町田瑠唯さんの父親。

西御料地ミニバスでの最高順位

6年生の時の全道大会2位(全国大会には行けず)

町田瑠唯さんのバスケットの基礎は、この小学校時代に積み上げられたようです。

まとめ

以上、町田瑠唯さんの中学・高校・大学といった学歴や、学生時代の経歴についてお届けしました。

町田瑠唯さんは身長が小さいながら、バスケットの実績は大きすぎましたね。

存在感が眩しい町田瑠唯さんを、引き続き応援していきましょう!