オリンピック・スポーツ

国枝慎吾は本当は歩ける!?リハビリの成果がすごい!歩行シーンを画像で紹介

国枝慎吾は本当は歩ける!?リハビリの成果を画像で紹介!現在の障害の程度は?

2021年の東京パラリンピックに、プロ車椅子テニスプレーヤーとして出場の国枝慎吾さん。

国枝慎吾さんは男子世界歴代最多となる計45回優勝の記録保持者ですが、本当は歩けるのではないかという噂があります。

国枝慎吾さんのリハビリの成果や、現在の障害の程度を画像を交えながら詳しく見ていきましょう。

国枝慎吾は本当は歩ける!?リハビリの成果がすごい!

国枝慎吾は本当は歩ける!?

国枝慎吾さんは「本当は歩ける」という噂がありますが、本当なのでしょうか。

国枝慎吾さんが本当は歩けるのではないか、という噂のきっかけは、2010年のイベント「KNOW NO LIMIT 2010」にあるようです。

国枝慎吾の歩行シーン

国枝慎吾は本当は歩ける!?

脊髄損傷者による歩行披露イベント第4回「KNOW NO LIMIT 2010」では、国枝慎吾さんがゲストとして登場して自立歩行をしました。

その時の画像がこちら!

国枝慎吾は本当は歩ける!?引用 https://www.dreamnews.jp
国枝慎吾はどれくらい歩ける
国枝慎吾の歩行結果

  • 17年ぶりの自立歩行で14歩歩行
  • 約7メートル幅のステージを3度歩行

自立歩行での歩数は14歩ということでしたが、17年間全く歩けなかった国枝慎吾さんは、歩くことができたんです。

イベント最後には、北京パラリンピック車椅子テニス金メダリストの国枝慎吾選手が登場し、渡辺淳トレーナー(J-Workout代表取締役社長)の見守る中、自立歩行を披露いたしました。国枝選手が自立歩行したのは17年ぶりで、多くの観客の拍手の中、約7メートル幅のステージを3度の歩行に成功いたしました。

引用 https://www.dreamnews.jp/press

国枝慎吾さんは長年のリハビリの成果で、少しずつ歩くことができるようになっていました。

17年ぶりに自立歩行できるようになったということなので、国枝慎吾さんも見ている人も本当に嬉しかっただろうと思います。

そんな国枝慎吾さんはどんなリハビリをしているのでしょうか。



国枝慎吾は歩けるようにリハビリを続けていた

国枝慎吾のリハビリ内容

2010年の時点で14歩歩けた国枝慎吾さん。

歩けるようになった理由は、痛みも伴う大変なリハビリの成果でした。

国枝慎吾のリハビリ内容

国枝慎吾さんのリハビリの内容を見ていきましょう。

国枝慎吾さんは脊髄損傷者専門トレーニングジムでリハビリをしていました。

まずは国枝慎吾さんのねじれてしまった足を、元に戻すことから始めたようです。

国枝慎吾のリハビリ内容

このリハビリは国枝慎吾さんに激痛をもらたしたようです。

けれど国枝慎吾さんは歩くことを諦めず、リハビリに挑みました。

そしてリハビリ内容は麻痺部だけではなく、麻痺していない部分をどのように生活に生かしていくかを重点的に見ています。

国枝慎吾のリハビリ内容

つまり国枝慎吾さんの、車イス生活をサポートするためのリハビリなんです。

しかし、麻痺部分を放っておくと二次障害の原因も引き起こしてしまうので、歩行も含む機能回復を目的にしています。

国枝慎吾さんは過酷なリハビリを始めて、3ヶ月で車イスから立てるようになりました。

国枝慎吾のリハビリ内容

そしてリハビリ開始半年で、国枝慎吾さんは1分以上両足で立ち続けられるようになったようです。

国枝慎吾さんがとても努力したのがわかりますね。

そんな国枝慎吾さんですが、現在はどの程度歩けるのでしょう。



国枝慎吾は現在どの程度歩ける?

国枝慎吾はどれくらい歩ける

国枝慎吾さんは現在どれくらい歩けるのでしょうか。

2010年のイベント「KNOW NO LIMIT 2010」では、国枝慎吾さんの歩行は14歩でした。

しかし10年後の2020年にはSNSにこのようなコメントがあがっていました。

国枝慎吾さんはコンビニのトイレで、介助なしに車椅子から立ち上がりトイレに向かったようですね。

まだ車椅子は必要のようですが、スムーズに立ち上がっていることから、国枝慎吾さんは少しずつ回復に向かっているようです。

2010年のイベントからも国枝慎吾さんは、リハビリに励んでいたであろうことがうかがえます。

国枝慎吾はどれくらい歩ける

この情報以外には、国枝慎吾さんの2021年現在の歩行数はなかったので、分かり次第追記したいと思います。

では国枝慎吾さんはいつから、なぜ車椅子生活になったのでしょうか。



国枝慎吾が車椅子生活になったのはいつから?きっかけは?

国枝慎吾が車椅子生活になったのはいつから?きっかけは?

国枝慎吾さんが車椅子生活になったのはいつからでしょう。

また、きっかけはなんだったのかも詳しく見ていきましょう。

国枝慎吾が車椅子生活になったのはいつから?きっかけは?イメージ画像

国枝慎吾さんの車椅子生活のきっかけは、9歳のとき発症した「脊髄腫瘍」です。

脊髄腫瘍とは一つの腫瘍を指すのではなく、多くの種類の腫瘍をまとめた病名です。

主に脊髄の中やすぐ近くに腫瘍が出来て、圧迫することでしびれや麻痺を引き起こします。

脊髄腫瘍は人口10万人当たり年間2.5人の発症率です。

脊髄腫瘍は他の腫瘍に比べて、比較的珍しい病気のようです。

国枝慎吾さんは、小学校4年生の時に腫瘍の摘出手術を受けました。

手術は成功しますがその時から、国枝慎吾さんは脊髄腫瘍による下半身麻痺で車椅子生活になったんです。

国枝慎吾が車椅子生活になったのはいつから?きっかけは?

そして母親からのすすめをきっかけに、国枝慎吾さんは車椅子スポーツに出会います。

学校の健常者の友人たちと車椅子でバスケやテニスをすることで、車椅子の操作を確実とすることができたようです。

国枝慎吾さんは、9歳から車椅子になるという過酷な体験にもくじけず、パラリンピックでメダルをとるほどまで努力をしたんですね。

まとめ

今回は国枝慎吾さんのリハビリの成果や、現在の障害の程度を画像を交えながら詳しく見ていきました。

国枝慎吾さんは9歳の時から車椅子生活という困難にもくじけず、パラリンピックに出場し、メダルを獲得していったんですね。

今後も国枝慎吾さんは、もっと歩けるようになると思うので、注目していきたいですね。

国枝慎吾の結婚した嫁・愛が美人!顔画像や馴れ初めは?子供はいる?
国枝慎吾の結婚した嫁・愛が美人!顔画像や馴れ初めは?子供はいる?車いすテニスで東京パラリンピックにも出場の国枝慎吾さん。 国枝慎吾さんは結婚していて、嫁の愛さんがとっても美人なんだとか。 今回は国...