オリンピック・スポーツ

加納虹輝の出身高校は岩国工業!大学は早稲田で中学はどこ?成績&学歴まとめ

加納虹輝の出身高校は岩国工業!大学は早稲田で中学はどこ?成績&学歴まとめ

東京オリンピック男子フェンシングエペで、アンカーとして次々と逆転勝利をもたらした加納虹輝(かのう・こうき)さん。

史上初のメダル獲得に貢献した加納虹輝さんは、高校時代からフェンシング強豪校で第一線を走ってきた選手です。

今回は、男子フェンシングの加納虹輝選手の出身高校や大学、中学・小学校などの学歴や、フェンシングの成績についてまとめました。

加納虹輝の出身高校は岩国工業!

狩野虹輝の出身高校は岩国工業!

  • 山口県立岩国工業高校
  • 所在地:山口県岩国市錦見2丁目4−85
  • 偏差値:50

加納虹輝さんの出身高校は、山口県立岩国工業高校です。

岩国工業高校は、野球やハンドボールの強豪校として知られていますが、フェンシングの強豪校でもあります。

岩国工業のフェンシング部成績

  • 2021年3月 全国高校選抜フェンシング男子エペ団体 3位入賞

岩国工業高校時代は寮ぐらし

加納虹輝は岩国工業高校時代は寮ぐらし

加納虹輝さんは、小学校6年生でフェンシングフルーレをスタートし、中学時代からすでにフェンシングの実績がありました。

そんな加納虹輝さんは高校は「岩国に良いフェンシングのコーチがいる」と聞き、本間監督を頼って岩国工業に進学。

出身の愛知県を離れ、3年間を寮で暮らしています

遊び半分で優勝

フェンシング

加納虹輝さんはもとはフェンシングフルーレの選手でした。

しかし、高校時代に遊び半分で出たU17の代表選考会のひとつでエペで優勝

高校1年生の時までフルーレをやっていて、エペは遊び半分で大会に出ていたのですが、高校1年生の時に出たU17の代表選考会の大会の一つで、なぜかエペで優勝してしまって、そこから徐々にエペに興味を持ち始めました。

引用元:早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室

その後、高校2年生から本間監督の勧めもあって、フェンシングのエペに転向しています。

高校時代の成績

  • 高校1年生:U17代表選考会で優勝(エペ)
  • 高校2年生:ジュニアクラスの日本代表
  • 高校3年生:全国高校総体で優勝

加納虹輝さんは、高校時代からフェンシングの実力もすごかったのですね。

  • フルーレ:攻撃は胴体への突きだけ。「攻撃権」というルールが有り、駆け引きが必要。
  • エペ:攻撃は全身に有効。同時突きもOKで、ランプが点灯すればポイントになるシンプルな種目。
  • サーブル:突きに加えて「斬り」もある。「攻撃権」ルールあり。



加納虹輝の出身大学は早稲田のスポーツ科学部!

狩野虹輝の出身大学は早稲田のスポーツ科学部!

  • 早稲田大学スポーツ科学部
  • 所在地:東京都新宿区戸塚町1丁目104
  • 偏差値:70~75

加納虹輝さんは、大学時代は早稲田大学のスポーツ科学部に所属していました。

偏差値がなんと70~75ですが、加納虹輝さんは高校時代からの実績があるので、スポーツ推薦だったのではないでしょうか。

高校の時の指導者が早稲田出身で、高校生の時に早大の練習に来ていましたが、その雰囲やOBからの推薦もあり、早大に入学しようと決意しました。

引用元:早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室

加納虹輝さんは、岩国工業高校の本間監督が早稲田大学出身だったことから早稲田大学進学を決めたと言います。

大学時代にワールドカップ優勝

大学時代にワールドカップ優勝東京オリンピックの加納虹輝

早稲田大学に進学した加納虹輝さんは、大学1年生の2019年にワールドカップ個人と団体で優勝

他にも大学時代に数々の成績を残されました。

大学時代の成績

  • 2017年ワールドカップドイツ大会 個人3位
  • ヘルシンキジュニアワールドカップ 個人優勝
  • ワールドカップフランス大会 個人3位
  • 2018年アジア大会 個人3位、団体優勝
  • 2019年ワールドカップカナダ大会 個人優勝、団体優勝

大学時代の加納虹輝さんは、まさにフェンシング界で飛ぶ鳥を落とす勢いだったようです。



加納虹輝の出身中学や小学校は?

加納虹輝の出身中学や小学校は?

加納虹輝さんの中学や小学校は、わかっていません。

ただ、加納虹輝さんがフェンシングを始めたキッカケは小学校6年生にあったようです。

小学校6年生の怪我からフェンシングを始める

加納虹輝さんは、小学校6年生の時にフェンシングを始めています。

きっかけは、小学6年生の時の怪我だったと言います。

後のフェンシング五輪代表を生む大きな転機は、小学六年時のけがだった。当時、器械体操に打ち込んでいた加納虹輝選手(23)は大会で右足首を負傷。「別のスポーツでもいいんだよ。何か他にしたいことある?」。病院に行った帰り道の車内、母親の貴子さん(51)が落ち込むわが子を見かねて声を掛けると、意外な答えが返ってきた。「フェンシングをやりたい」

引用元:西日本スポーツ

加納虹輝さんは4歳から8年間器械体操をしていました。

しかし、大会で足を怪我して成績が振るわず落ち込んでいたのだとか。

そんな時、「かわりにフェンシングをやりたい」と加納虹輝さんに言わせたきっかけは、フェンシングの先輩、太田雄貴選手でした。

小学校6年生の時に北京五輪で現フェンシング協会の会長である太田雄貴さんが銀メダルを取ったところを見て、その時点でフェンシングというものを知りました。かっこいいなと思って地元のクラブに行き始めました。

引用元:早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室

加納虹輝さんの地元に、ちょうどフェンシングのクラブがあったようで、フルーレから始めたそうです。

8年間器械体操で体幹を鍛えていたことが、その後のフェンシングの大躍進につながったようですね。



加納虹輝のプロフィール

狩野虹輝のプロフィール
  • 加納虹輝(かのう・こうき)
  • 生年月日: 1997年12月19日
  • 出身地:愛知県
  • 身長/体重:173cm/64kg
  • 所属:JAL

加納虹輝さんは、フェンシングの日本代表として東京オリンピックにも出場。

男子フェンシングエペ団体メンバーとして、エペ初のメダル獲得に貢献しました。

まとめ

以上、男子フェンシングの加納虹輝選手の出身高校や大学、中学・小学校などの学歴や、フェンシングの成績についてお届けしました。

加納虹輝さんは、高校時代からフェンシング強豪の岩国工業に在籍するなど、全国で活躍するフェンシング選手でした。

今後の活躍も目が離せませんね!