THE FIRST/BE:FIRST

INIとBE:FIRSTはどっちが人気?売上ランキングなど4部門で徹底比較

INIとBE:FIRSTはどっちが人気?売上ランキングなど4部門で徹底比較

今人気沸騰中のグループINI(アイエヌアイ)BE:FIRST(ビーファースト)

そんなINIとBE:FIRSTは、2021年現在どっちが人気なのでしょうか?

今回はINIとBE:FIRSTはどっちが人気なのか?売上ランキングなど4部門で徹底比較していきましょう。

INIとBE:FIRSTはどっちが人気?

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(通称:プデュ)で誕生した、グローバルボーイズグループINI

そしてオーディション『THEFIRST』からデビュー決定した、BE:FIRST

INIとBE:FIRSTはどっちが人気なのか、以下のような基準で徹底比較しました。

比較基準

  1. オリコン売上ランキング(11月1週2週)
  2. SNS4つのフォロワー数
  3. Google検索数
  4. スッキリ・音楽番組の出演回数

それでは各項目について比較検証していきましょう

スポンサーテキスト



①オリコン売上ランキング上位は?

INIとBE:FIRSTのオリコン売り上げランキング11月前半を調査しました。

  • 1週:1位INI 2位:BE:FIRST
  • 2週:1位INI 2位:BE:FIRST

1週2週共にINIが上位にランクイン!

INIのシングル発売日初日の売り上げ枚数は、なんと約37万枚だったそうですよ。

オリコン売り上げはINIの勝利です。

②SNS4つのフォロワー数

INIとBE:FIRSTのSNSフォロワー数を集計比較しました。

フォロワー数比較詳細
YouTube

  • INI:30.9万人
  • BE:FIRST:41万人
インスタ

  • INI:31.7万人 
  • BE:FIRST:37.3万人
Twitter

  • INI:35.7万人
  • BE:FIRST:21.9万人
TikTok

  • INI:195.4K
  • BE:FIRST:92.3K

集計(合計)

INI:293.7 BE:FIRST:192.5

SNSフォロワー数についても、INIの方が圧倒的にフォロワー数が多いことが判明しました。

③Google検索数

Google検索数 

INI:1,770,000,000 

BE:FIRST:11,020,000,000

Google検索数は、どれだけグループが注目されているかがわかる数字です。

BE:FIRSTの方が世間的に注目されているようですね、圧勝です。

④スッキリ・音楽番組の出演回数

出演回数比較詳細
スッキリ

  • INI:1回
  • BE:FIRST:2回
音楽番組

  • INI:1回
  • BE:FIRST:8回

集計(合計)

INI:2回 

BE:FIRST:10回

INIとBE:FIRSTがデビューから11月末までに、『スッキリ』と『音楽番組』に出演した回数を調査しました。

こちらもBE:FIRSTが圧勝ですね。

結果|人気は互角

INIとBE:FIRSTどっちが人気なのか各項目を合計すると…。

  1. オリコン売上ランキング|INI
  2. SNS4つのフォロワー数|INI
  3. Google検索数|BE:FIRST
  4. スッキリ・音楽番組の出演回数|BE:FIRST

となり、INIとBE:FIRSTの人気は互角ということが判明しました。

次に、INIとBE:FIRSTの人気ポイントを、SNSの声と共に比較してみましょう。



INIとBE:FIRSTの人気ポイントを比較!SNSの声は?

今度はINIとBE:FIRSTの人気ポイントを比較してみましょう。

INIとBE:FIRSTの人気ポイントとしてよく挙げられる項目ごとにご紹介します。

人気ポイント5つ

  1. 歌唱力
  2. ダンス
  3. ラップ
  4. ビジュアル
  5. バラエティ対応力

それでは各項目ごとにINIとBE:FIRSTの人気ポイントを比較検証してみましょう。

歌唱力

それでは、INIとBE:FIRSTのパフォーマンス性を比較してみましょう。

INI

INIで歌唱力が高いのは、藤牧京介(ふじまき・きょうすけ)さんと高塚大夢(たかつか・ひろむ)さん

藤牧京介さん(21歳)は、過去にバンドのボーカルを担当しており、INIの中でも圧倒的な歌唱力を誇ります。

高塚大夢さん(22歳)は、大学時代のアカペラサークルで磨いた音程の良さが魅力です。

SNSでも藤牧京介さんと高塚大夢さんの歌唱力がすごい、と話題になっているようですよ。

BE:FIRST

BE:FIRSTで歌唱力が高いのは、リョウヘイさんとシュントさん。

リョウヘイさんは14歳、シュントさんは18歳と若いにもかかわらず、スカイハイが絶賛する絶大な歌唱力を持っています。

今後プロの指導が入りまだまだ伸びることを考えると、BE:FIRSTの歌唱力に軍配があがりますね。



ダンス

次は、INIとBE:FIRSTのダンス力を比較してみましょう。

INI

INIの中でダンス力が高いのは、西洸人(にし・ひろと)さん。

経験豊かな技術力が光るダンスは、まさに見るものを魅了し惹きつけてやみません。

SNSでも西洸人さんのダンス未魅了される人が続出しています。

BE:FIRST

BE:FIRSTでダンス力がダントツに高いのは、ソウタさん。

ソウタさんは『ワールド・ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップ』で4度優勝しています。

ダンスパフォーマンスでは、世界を知っているソウタさん擁するBE:FIRSTに軍配があがりますね。

ラップ

次にINIとBE:FIRSTのラップ力を比較してみましょう。

INI

INIのラップ担当と言えば、田島将吾(たじま・しょうご)さん。

重厚感があり安定しているラップは、オーディション時から定評がありました。

SNSでも田島将吾さんのラップが好き、と話題になっています。

BE:FIRST

BE:FIRSTのラップと言えば、ソウタさんですね。

ソウタさんのラップの実力は、SKY-HIさんに、

あなたのラップは神がかっていました。リズム、グルーヴ、フローの抑揚、感情をつけるところ、そのデザイン性。すべてが優れていた。純粋なパフォーマンスで評価したとき、1位は揺るぎないものだった」

(引用:QJweb)

と言わしめるほど。

ラップ部門はBE:FIRSTに軍配が上がりそうですね。

ビジュアル

それでは次にINIとBE:FIRSTのビジュアルを比較してみましょう。

BE:FIRST

 

BE:FIRSTにはマナトさんやリョウキさんなど、ビジュアル力が高いと言われています。

特にマナトさんはジュノンボーイでも上位になるなど、イケメンですよね。

SNSでもマナトさんの魅力に胸キュンしているファンが増加中です。

INI

INIのビジュアル担当として名前が挙がるのが、佐野雄大さん。

清潔感のあるルックスや笑顔が魅力的で、正統派イケメンではないでしょうか。

松田迅さんや後藤威尊さんも、カッコイイ!と話題になっているようですよ。

INIはメンバーが11人おり、多種多様な魅力に溢れているグループです。

ビジュアル部門は、INIに軍配が上がりましたね。

バラエティ対応力

それでは最後にINIとBE:FIRSTの、バラエティ対応力を比較してみましょう。

BE:FIRST

BE:FIRSTは陽気で明るいレオさんが、バラエティでもトークを引っ張ってくれそうですね。

SNSでも陽気なレオさんがBE:FIRSTのムードメーカになるのでは?との声が投稿されています。

INI

INIは明るいメンバーが多く、YouTube『INIクラス』でも、メンバーが楽しそうにわちゃわちゃしている姿を見ることが出来ます。

バラエティ力は、INIに軍配が上がりましたね。

比較結果|BE:FIRST

これまでの比較検証をまとめてみましょう。

結果

  • 歌:BE:FIRST
  • ダンス:BE:FIRST
  • ラップ:BE:FIRST
  • ビジュアル:INI
  • バラエティ力:INI

INIもとても魅力的なグループですが、BE:FIRSTは歌・ダンス・ラップに定評がありパフォーマンス性が評価されているようです。

しかし結果は僅差ですので、INIもBE:FIRSTも可能性を秘めたグループだということが判明しました。

INIとBE:FIRSTの今後の活躍が楽しみですね。



INIとBE:FIRSTのプロフィール

それでは最後に、INIとBE:FIRSTのプロフィールをご紹介します。

INIのプロフィール

INI(あいえぬあい)は、オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(通称プデュ)から生まれたアイドルグループです。

先輩アイドルには同じオーディション番組で生まれた、JO1(じぇいおーわん)がいます。

INIの意味

グループ名のINIには、

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)」

(引用:オリコン

という意味が込められているんだとか。

とても素敵なグループ名ですね。

メンバー紹介

INIのメンバー11人をご紹介します。

①池崎理人
  • 読み方:いけざき・りひと
  • 生年月日:2001年8月30日
  • 身長:178cm

池崎理人さんの魅力は、なんといっても低音ボイスで奏でられるラップ

切り返しが早く、今後バラエティでも活躍していけそうなメンバーです。

②尾崎匠海
  • 読み方:おざき・たくみ
  • 生年月日:1999年6月14日
  • 身長:173cm

尾崎匠海さんはパフォーマンス性が高く、オールラウンダーとしてメンバーから期待される実力派メンバーです。

御淡いらしい笑顔や女装姿に、魅了される人が続出しています。

③木村柾哉
  • 読み方:きむら・まさや
  • 生年月日:1997年10月10日
  • 身長:175cm

木村柾哉さんはバックダンサーや振付師としても活躍しており、また、ダンスの講師もしていました

甘いマスクも人気ポイントです。

④後藤威尊
  • 読み方:1999年6月3日
  • 生年月日:1999年6月3日
  • 身長:176cm

後藤威尊さんの魅力は、なんといっても切れ味のよいダンス

高校時代はダンス部の全国大会にも出場しています。

⑤佐野雄大
  • 読み方:さの・ゆうだい
  • 生年月日:2000年10月10日
  • 身長:178cm

オーディション期間中の成長が著しかった、佐野雄大さん。

柔らかな雰囲気と可愛らしさで、ファンを虜にしています。

⑥許豊凡
  • 読み方:しゅう・ふぇんふぁん
  • 生年月日:1998年6月12日
  • 出身地:中国
  • 身長:176cm

許豊凡さんは独特の存在感を持つメンバーです。

キレのあるダンスパフォーマンスと、ハイトーンボイスに定評がありますよ。

⑦高塚大夢
  • 読み方:たかつか・ひろむ
  • 生年月日:1999年4月4日
  • 身長:167cm

高塚大夢さんは歌唱力に定評があり、抜群の声量と伸びやかな声質、さらに透き通るハイトーンボイスが魅力的なメンバーです。

⑧田島将吾
  • 読み方:たじま・しょうご
  • 生年月日:1998年10月13日
  • 身長:179cm

田島将吾さんは、元ジャニーズJr.として活躍。

オールラウンダーですが、ダンスのリズム感の良さに定評があるメンバーです。

⑨西洸人
  • 読み方:にし・ひろと
  • 生年月日:1997年6月1日
  • 身長:173cm

西洸人さんのダンスは迫力満点でダイナミック

多彩な表現力と独特の雰囲気を持つメンバーです。

⑩藤牧京介
  • 読み方:ふじまき・きょうすけ
  • 生年月日:1999年8月10日
  • 身長:168cm

藤牧京介さんの魅力は、なんといっても美しいハイトーンボイス

圧倒的な歌唱力は、INIの中でもトップレベルのメンバーです。

⑪松田迅
  • 読み方:まつだ・じん
  • 生年月日:2002年10月30日
  • 身長:171cm

松田迅さんは、圧倒的なカリスマ性を持っているメンバーです。

正統派イケメンと言われる顔立ちも、人気のポイントですね。

INIはメンバー全員の仲が良く、高いパフォーマンス性とのギャップが魅力のグループです。

BE:FIRSTのプロフィール

BE:FIRSTは、SKY-HI主催のオーディション『THE FIRST BMSG Audition 2021』から生まれた実力派グループです。

オーディション『THE FIRST』は、SKY-HIの自己資金1億円を投じて開催され大きな話題となりました。

BE:FIRSTの由来

BE:FIRSTの由来を、SKY-HIさんは次のようにコメントしています。

いろんな角度のナンバーワンの集合であり、これからも色んな角度のナンバーワンでありつづけることの努力を怠らず、そしてほかの人のいろんなナンバーワンを常に愛しつづける──そういったかたちで愛を振りまいてくれるものになってくれれば

(引用:QJWEB)

ナンバーワンの才能を持つ7人だからこそ、自他共にナンバーワンを尊重してほし…というSKY-HIさんの願いが込められていたんですね。

メンバー紹介

BE:FIRSTのメンバーをご紹介します。

①RYUHEI(リュウヘイ)
  • 本名:黒田竜平
  • 生年月日:2006年11月7日
  • 身長:178cm

リュウヘイさんは、メンバー最年少

オーディション応募当時は、14歳の中学生でした。

②SHUNTO(シュント)
  • 本名:久保舜斗
  • 生年月日:2003年9月1日
  • 身長:174cm

シュントさんは、avexサバイバルオーディション『a-genic』で最終審査まで残った実力派アーティストです。

③SOTA(ソウタ)
  • 本名:島田壮大
  • 生年月日:2003年9月1日
  • 身長:174cm

ソウタさんは、ダンサーとしての実力が折り紙つきです。

④RYOKI(リョウキ)
  • 本名:三山凌輝
  • 生年月日:1999年4月26日
  • 身長:177cm

リョウキさんは俳優としても活動していましたよ。

⑤LEO(レオ)
  • 本名:上村礼王
  • 生年月日:1998年9月8日
  • 身長:179cm

レオさんの色気ある表現力や歌唱力は、オーディション中からSKY-HIさんに評価されるほどの実力を持っています。

⑥MANATO(マナト)
  • 本名:廣瀬真人
  • 生年月日:2001年4月29日
  • 身長:173cm

マナトさんは、ジュノンボーイのオーディションで上位にランクインするなどイケメンアーティストです。

⑦JUNON(ジュノン)
  • 本名:池亀樹音
  • 生年月日:1998年5月23日
  • 身長:183cm

ジュノンさんは韓国グループ『VERMUDA』のメインボーカルとして活動しており、SKY-HIさんも絶賛したハイトーンボイスの持ち主です。

BE:FIRSTは歌・ダンスのパフォーマンス性が高く、2021年11月にはアメリカのビルボードの1位を獲得しています。

これからの活躍が楽しみですね。



まとめ

今回はINIとBE:FIRSTはどっちが人気なのか?売上ランキングなど〇部門で徹底比較しました。

結果はBE:FIRSTが僅差で勝利しましたが、どちらも伸びしろのあるグループです。

INIとBE:FIRSTの今後の活躍を応援していきましょう。