芸能人・有名人

深田恭子の病状がヒドい?目が虚ろで呂律が回ってない画像&動画まとめ

深田恭子の病状がヒドい?目が虚ろで呂律が回ってない画像&動画まとめ

女優の深田恭子さんが、2021年5月26日に適応障害のため活動休止、その後9月2日に復帰されました。

復帰後の深田恭子さんは、激ヤセがふっくらと戻りはしたものの、活動休止前と変わらず「目がうつろ」「呂律が回ってない」と病状が心配されています。

今回は、深田恭子さんの現在の適応障害の病状や、様子のわかる画像や動画についても調査しました。

深田恭子が適応障害で活動休止!復帰するも…

深田恭子が適応障害で活動休止へ

深田恭子さんが、2021年5月26日に適応障害のために活動休止となってしまいました。

所属事務所によると、深田は昨春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入って「適応障害」と診断された。7月期のフジテレビ連続ドラマに出演することが決まっていたが、降板。当面は治療に専念する。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/22af83bb938e8bf8aa0251e678a38d3f0b24a43a

深田恭子さんは、すでに活動休止1年前から体調を崩しがちだったとのこと。

その後、2021年9月2日に自身のインスタグラムで復帰を発表。

9月28日に映画『劇場版 ルパンの娘』完成披露舞台挨拶で公にも姿を見せたものの、やつれた様子は残っており、深田恭子さんの病状を心配する声が相次いでいます。



深田恭子の病状は?目が虚ろで呂律が回ってない画像&動画がコチラ

深田恭子の病状は?目が虚ろで呂律が回ってない画像&動画がコチラ

深田恭子さんの病状はどのような状態なのでしょうか。

まず、深田恭子さんの病名は「適応障害です。

適応障害とは

  • 適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるもの。
  • 症状…憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなる、過剰に心配する、神経が過敏になるなど。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることも。

引用元:厚労省みんなのメンタルヘルス

では実際に深田恭子さんがどんな様子か、活動休止前後の深田恭子さんを画像と動画で見てみましょう。

2021年4月26日(休止1ヶ月前)

こちらは、4月26日に行われたスマホゲーム『放置少女~百花繚乱の萌姫たち~』の新CM発表会での深田恭子さんです。

激ヤセしてやつれたと話題の深田恭子

こちらの深田恭子さん、頬がコケて、げっそりして見えますね。

動画を見ると、深田恭子さんが目がうつろで呂律が回っていないところもあるのがわかります。

以前の画像と比較してみましょう。

深田恭子が激ヤセ!適応障害の原因は摂食障害?

特に、深田恭子さんは痩せ方が急激です。

深田恭子さんの急激な痩せ方がわかるのが、こちらの画像。

深田恭子が適応障害で活動休止へ

深田恭子さんは、2021年3月から4月にかけて、たった1ヶ月で明らかに激ヤセしているのがわかりますよね。

2021年5月27日(休止2日前)

活動休止発表の2日前、2021年5月24日には4月よりふっくらした深田恭子さんが見られていました。

一時病状が回復した?深田恭子 一時病状が回復した?深田恭子

深田恭子さんは司会に対してもしっかり受け答えできていますが、やや声に力がなく、かすれているようにも聞こえるでしょうか。

深田恭子さんは、5月上旬頃に適応障害と診断されているため、もしかしたらすでに投薬などの治療を始めており、少し回復したように見えるのかもしれません。

深田恭子さんの病状をまとめると、

    • 会話はできるものの
  • 体重の増減が激しい&速い
  • 話す時、目がうつろで呂律が回っていない時がある

といった状態ではないでしょうか。

適応障害の症状は「ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れる」こと。

うつろな目や呂律の回らなさは、適応障害の症状や、治療薬によるものかもしれません。

また、この2日後に活動休止を発表していますから、深田恭子さんの病状はこの時もやはり良い状態ではなく、ギリギリで頑張っていたのかもしれませんね。

復帰後①(2021年9月)

こちらは、2021年9月2日にインスタグラムで復帰を発表した後、初めて公の場に姿を表した深田恭子さん。

休止前よりふっくらしたものの、まだ呂律が回らない様子が見られます。

復帰後②(2021年10月6日)

こちらは、2021年10月6日に放送された「FNS歌謡祭」でVTR出演された深田恭子さん。

目がうつろで口元がひきつり、呂律も回りにくい様子が見られますよね。

VTRが何度もカット編集されており、再発を心配する声が多く聞かれました。



深田恭子の病状は入院レベル?

深田恭子の病状は入院レベル?

深田恭子さんは、適応障害で活動休止が発表されましたが、病状悪化で入院している、といったことはあるのでしょうか。

「深田恭子さんが入院した」という報道は今のところ特にありません。

適応障害で入院される方も中にはいますが、適応障害の治療は基本的に以下の3点です。

適応障害の治療

  1. ストレス因の除去(ストレスから離れる)
  2. 本人の適応力を高める(認知行動療法など)
  3. 情緒面や行動面への介入(薬物療法やカウンセリングなど)

深田恭子さんは、まずは入院ではなく、仕事から離れて、通院しながら慣れた自宅で療養されるのではないでしょうか。



深田恭子のうつろな目や呂律に病状を心配する声が多数

深田恭子の様子に病状を心配する声が多数

深田恭子さんの適応障害による活動休止復帰後の様子について、心配される方も少なくないようです。

やはり、まだ深田恭子さんの適応障害の病状はあまりいい状態ではないのかもしれません。

まとめ

以上、深田恭子さんの適応障害の病状や、様子のわかる画像や動画についてお届けしました。

深田恭子さんの病状は心配ですが、今は芸能界復帰を急がず、まだまだゆっくり過ごしてもらうのが良さそうです。

また深田恭子さんの元気な笑顔を見られる日を楽しみにしておきましょう!