話題

【2021】Androidのアプリが落ちる不具合の対処法!画像付きで解説

【2021】Androidのアプリが落ちる不具合の対処法!画像付きで解説

2021年3月23日朝から、Android端末で「Google」や「LINE」「Yahoo!」やゲームアプリなど、各種アプリが起動しない・落ちるといった不具合が発生しています。

中にはアプリの起動自体ができなかったり、“繰り返し停止しています”というエラーになる方も。

ですが、ご安心ください。今回のAndroidの不具合は、今すぐ自分でできる対処法があります。

今回は、Androidのアプリが落ちる不具合の対処法について、画像付きで解説します!

Androidのアプリが落ちる・停止する・起動しない不具合が発生!

Android端末にアプリが落ちる・停止する・起動しない不具合が発生したのは2021年3月23日。

以下のような不具合が続々と報告されています。

NTTドコモは23日、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの一部サービスが利用しにくい事象が発生していると発表した。ドコモによると、同日午前5時ごろから、天気予報のアプリが起動しないなどの不具合が確認されており、詳しい状況や原因を調べている。

引用元:JiJi.com https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032300652&g=eco

このように、

  • Android端末において、一部、または全てのアプリが
  • 起動しない/起動してもすぐに落ちる

といった不具合が相次いでいます。

中には、下の画像のように、アプリを起動しても「繰り返し停止しています」と出てきてすぐにアプリが落ちてしまう方も多いようです。

Androidのアプリが繰り返し停止

これらのAndroid端末にアプリが落ちる・停止する・起動しないといった不具合について、Google社は現在修正作業を行っているとコメントしています。

グーグル日本法人の広報担当者は「一部のアプリが強制終了される事象が発生しており、修正作業を行っている」とコメントした。

引用元:JiJi.com https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032300652&g=eco



Androidのアプリが落ちる・停止する・起動しない不具合の対処法

Androidのアプリが落ちる・停止する・起動しない不具合の対処法を見ていきましょう。

アプリの更新で改善

2021年3月23日16時現在、Google社の対応により、以下の方法でAndroid不具合が改善するようです。

①Chromeアプリの更新

まず、Chromeアプリを更新することで、Androidアプリが落ちると言った不具合が直ったという報告が相次いでいます。

  1. GooglePlayアプリをタップ
  2. 検索窓から「Chrome」を検索
  3. 「更新」ボタンを押す
GooglePlayアプリをタップ Androidアプリが落ちる時の対処法:Chromeアプリを更新

Webviewアプリの更新

Chromeアプリの更新だけでは改善せず、WebViewアプリも更新することで改善するケースも報告されています。

  1. GooglePlayアプリをタップ
  2. 検索窓から「Chrome」を検索
  3. 「更新」ボタンを押す
Androidアプリが落ちる時の対処法:WebViewアプリの更新



Androidアプリが落ちる時:Google社対応以前の対処法

ChromeやWebViewアプリの更新で不具合が改善しない場合は、こちらの方法もお試しください。

Android不具合の対処法

  1. 原因元の「WebView」をアンインストール
  2. 「アプリの自動更新」をオフ
  3. 端末を再起動

①原因元の「WebView」をアンインストール

2021年3月23日のAndroidの不具合は、Android向けにリリースされた「WebView」コンポーネントの更新が原因となっているようです。

そのため、対処法としては

  1. Playストアをタップ
  2. 検索窓から「Webview」を検索
  3. 「Webview」アプリをアンインストール

していきましょう。

GooglePlayアプリをタップGooglePlayアプリを起動
Androidのアプリが落ちる・起動しないときは「WebView」アプリをアンインストール

「AndroidシステムのWebview」はAndroid OSのシステムアプリなので、ここで言う「アンインストール」とはAndroidのOSアップデートの「アンインストール」。

つまり、バグのある「AndroidシステムのWebview」のバージョンが初期バージョンに戻るだけで実際にアンインストールされるわけではありません。

そのため、このWebviewアプリをアンインストールしても、何かアプリや情報が消えるという事はありません。

②「アプリの自動更新」をオフ

WebViewのアンインストールができ、アプリが使用できるようになっても、また更新をされたら元の木阿弥です。

アプリの自動更新をオフに設定しましょう。

  1. GooglePlayのメニューから「設定」をタップ
  2. 「アプリの自動更新」をオフにする
GooglePlayのメニューをタップ GooglePlayの設定をタップ GooglePlayアプリの自動更新をオフにする

こちらの自動更新は、Androidの不具合の大元が直ったらオンに戻してください。

(Androidの不具合については、Google社が対応中です)

③端末を再起動

対処①と②ができたら、Android端末の電源を長押しして、再起動します。

これでアプリが正常に起動するか確認してください。

この対処をすることで、GooleやLINEといった各種アプリが起動し、使用できるようになったという方も多いようです。



WebViewのアンインストールボタンがない時の対処法

WebViewのアンインストールボタンが出ないケースもあるようです。

そのときは、Android自体の設定からChromeを無効にしてみてください。

Androidの設定アプリAndroidの設定アプリ

①Androidの設定→アプリ でChromeを探す
②「無効」を押す

この操作で、PlayストアでAndroidシステムのWebviewでボタンが表示されるはずですので、こちらの手順でアンインストールしてください。

もし「更新」ボタンが出てくる場合は、更新せずそのままにしてください。

Chromeを停止するだけでも、Yahoo!などの検索アプリは正常に戻るケースも多いようです。

 

以上、Androidのアプリが落ちる不具合の対処法についてお届けしました。

Androidの不具合修正は明日までには回復するだろうと見ている方が多いようですが、生活に直結するものですから、一刻も早く回復することを祈ります。